寝ている時の口呼吸対策には?

「口が開いてるよ」と指摘されたことはありませんか?
他にも、「口を開けて寝てたよ」、「いびきがひどいかも…」と言われたことはありませんか?

自分ではなくても、ご家族にそのような症状のある方、多いのではないでしょうか?

これらはすべて口呼吸の証拠です。
口呼吸にはデメリットがたくさんあります。
それも、見た目だけでなく健康面、美容面でのデメリットがあります。

例えば、

・病気にかかりやすい。アレルギーを発症しやすい。
・口の周りや顎の筋肉が緩み、ほうれい線が出やすい。二重あごになりやすい。
・小さな子供の場合、歯並びに影響する。

などなど、恐ろしいデメリットがいっぱいです。

ただ、口が開いているのは分かっているけど、寝ている間や無意識のことでなかなか治すことができない…仕方ない…。
と、諦めてしまう方も多いことを知っています。

そんな方におすすめの改善方法があります!

それは、口テープをして寝るだけ。
たったこれだけで、鼻呼吸になりいびきがなくなった、朝口がカラカラなのが改善されたというのです。
当院スタッフも愛用者が多いですよ。

口テープを貼るときは横向きにしっかりと口が覆われるように貼ることがポイントです。
縦に貼ると横から息が漏れてしまいます。

健康的な鼻呼吸のために、口テープをお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です