歯周病・口臭治療

歯科治療ガイド

一般歯科 小児歯科 予防歯科 入れ歯 審美歯科 インプラント 歯周病・口臭 矯正歯科

歯を失ってしまう恐ろしい病気「歯周病」。根本原因からの治療が大切です

歯周病とは、以前は歯槽膿漏と言われていました。正に言葉通り、歯の周りを支えている骨(歯槽)からウミ(膿)が出る病気です。
さらに悪化すると、歯がグラグラと動揺し始め、歯を支えている骨が溶け、歯が抜け落ちてしまいます。
歯周病は老化現象だと思っている患者様もおりますが、とんでもない!歯周病は、実は細菌感染症なのです!
今は自覚症状のない人でも、虫歯菌と同様に、「親やパートナー、ペットなどから歯周病菌がお口の中にうつっている」ということがあります。
そして、45歳を過ぎた免疫力の落ちる頃に、多くの方に症状があらわれてくるので、そんな誤解が生じたのだと思います。
喫煙や生活習慣の悪化などから免疫力が低下し、最近では若い方にも歯周病が増加しています。

歯周病の進行図

歯周病の進行図 健康な状態-歯茎が引き締まった健康な歯周組織 歯肉炎-歯茎が腫れる 初期歯周病-歯周ポケットが深くなり、歯茎の下にも歯石がつく 中等度歯周炎-歯茎の腫れが進み骨も痩せ始める 重度歯周炎-歯茎も骨もやせ歯を支える力がなくなってくる

ご存じでしたか? 歯周病菌は人から感染し血中に入って“死の病”を引き起こします。

歯周病の進行図

歯周病の進行図 皆さんはなぜ、虫歯になったり、歯茎から血が出たり、また歯がグラグラになったり、抜けるような状態になるのでしょうか?
お口の中、歯の表面に、歯の汚れのようなもの(左の写真)が付着していることを多くの方がご存じかと思います。
一般的に「歯垢(プラーク)」と呼ばれるものですが、実はこれは単なる食べかすなどの塊ではありません。
この歯垢を高精度の顕微鏡で拡大して観察すると、この歯垢は実は「細菌の巣」であることが見て取れます。

虫歯、歯周病という代表的な歯の病気は、実はこのプラークに潜む細菌によって引き起こされているものです。細菌が存在しない状態では、虫歯や歯周病は発生しないのです。
では、これらの細菌が生まれた時からお口の中にいるのか、というと実はそうではありません。生まれたばかりの赤ちゃんにはこれらの細菌はいないのです。
実は、これらの細菌は、お箸の使い回し、歯ブラシの接触、キスなどの性交渉などを通じて、他者から感染させられたものなのです。
共に生活する人が歯周病などに感染している場合、その他の健康な家族や友人にもリスクが生じてしまうのです。

日本人の80%が感染している歯周病

腔細菌感染症の代表格である「歯周病(歯槽膿漏)」は日本人が歯を失う理由として最も確率が高い病気です。

皆さんはこの歯周病が引き起こすリスクについてはご存じでしょうか?このリスクを知ることが、実は健康な生活を送る上での必須条件であるともいえます。
歯周病の大きなリスク、それは、

  • 歯を支える土台となる歯茎の骨を溶かす。
    ⇒ 結果的に歯が抜ける。
  • 心臓病、糖尿病、誤嚥性肺炎、血管障害、早産など、死に直結するような全身疾患を引き起こす。
の2つです。

歯周病は、「食べる」という人間の生命に関わる活動を困難にし、且つ、死に直結する病気を引き起こす、まさに「死の病」と言われている恐ろしい病気なのです。

全身への影響も懸念される歯周病

このように、歯周病は全身にも影響を及ぼしていたことがわかりました。
肺炎、食道癌、糖尿病、高血圧、早産などにも関与していると言われています。
また、歯茎にも出血から菌が血管に入り、心臓病になると言われています。
歯周病の方は、通常の2、3倍心臓病になりやすいことがわかってきました。
歯周病の治療は、患者様の歯周病の進行状態、喫煙などの生活習慣、全身疾患などによって多少方法は異なります。
しかし、歯周病にお悩みの方にとって、つらい治療行為であってはならないと考えます。
澤歯科クリニックでは、わかりやすくお口の状態をご説明させていただき、最良の治療方法をご提案させていただきます。

【誤嚥性肺炎を引き起こします】

誤嚥性肺炎を引き起こします

病気や加齢などにより飲み込む機能、咳をする機能が衰えてきます。
そのような状態で誤って唾液や細菌が気管に入ってしまい、それが原因で起こる肺炎を誤嚥性肺炎と言います。
定期的なお口のクリーニングを行うことで、予防することができます。

【細菌が血管へ入り込み心筋梗塞や動脈硬化を引き起こします】

心筋梗塞や動脈硬化を引き起こします

歯周病が進行することで歯周ポケットは深くなります。
歯周ポケットが深くなることで、歯周病菌は血液中に入りやすくなります。
血液中に入ってしまった細菌は、心臓など全身に運ばれ、様々な疾患を引き起こします。

「細菌から体を守るプラークコントロール」 編著 山田了 永末書店 より引用。

オーラルクロマ

もし口臭が気になるとしたら、あなたは適切な対処ができますか?
~口臭原因解析検査(オーラルクロマ)のご紹介~

口臭は他の人にも影響があるため、多くの方が気になるお口の問題の1つです。自分自身では気づかなくても口臭が生じていることもあり、また他の人も指摘しにくいことから、そのまま放置されていることも多いものです。当院では、お口もとからはじまる笑顔を皆さまにご提供するために、またご自身の口元に自信と安心感をお持ちいただくために、口臭測定検査を実施しております。

当院の検査はただ口臭の有無を判定するだけではありません!!

オーラルクロマ

皆さんは、口臭の原因についてご存じでしょうか?
実は口臭には、「原因となる匂いの出所」が3つあることが分かっています。
その3つとは、

1.歯周病由来(お口の病気による匂い)
2.舌苔由来(舌にこびりついた汚れ)
3.内臓由来(消化器官から昇ってくる匂い)

です。

オーラルクロマ

当院の検査では、「口臭の根本原因そのものを特定」することが可能であることから、適切な口臭治療のご提案が可能となります。
ご興味をお持ちの方はお気軽にスタッフまでお申し付けください。

グッバイペリオの取り組みのご紹介

当院では、歯周病撲滅に向けた運動を支援し、当院スタッフもその活動に参画しております。
詳しくはこちら