一般歯科

歯科治療ガイド

一般歯科 小児歯科 予防歯科 入れ歯 審美歯科 インプラント 歯周病・口臭 矯正歯科

むし歯になる根本的な原因を突き止め、最小限の治療(削る量の最小化)を目指す
サリバテストに基づいたM.I.治療

【むし歯治療における当院の特徴】

  • 歯根(歯の根)など、患者様には分かりにくいものの、むし歯再発を防ぐために必要不可欠な基礎治療の徹底
  • 出来うる限り痛くない治療を行うための麻酔等の対処
  • やさしく、親切、丁寧に、患者様の心の不安を解消するドクターの真摯な真心治療
  • サリバテスト(だ液検査)に基づき、今後むし歯を発生しないように対処するための、徹底した予防対処の実践

むし歯になった方がまず第一に行うべきこと・・・
それは、「自分のお口の現状を客観的に知る」ということ

むし歯の状態などは、残念ながら直接自分で確認することはできません。
したがって、どこにむし歯があるのか、またその原因はなんだったのかということは、プロフェッショナルである歯科スタッフと共に考えていく必要があります。
ただ痛みを取るだけではなく、将来を見据えたむし歯治療。それが当院の診療スタイルです。

一般歯科


1. 当院は「M.I治療」を実施しています。

「できるだけ歯を削らない」治療を行うための手法を、M.I.(Minimum Intervention:ミニマムインターベンション)治療といいます。

2. 痛みの少ない、安心・安全な歯科治療を

3. 痛みの少ないむし歯治療とは

●むし歯のなりやすさを調べる

歯を削らなくていいか、これ以上進行の可能性が高いかどうかの判断が大変重要となります。むし歯のなりやすさ、進行の度合い、それは
習慣(甘い物が好き、飴やガムが好き、間食が多い等)
歯の溝が深い
並びが良くない
噛み合わせが悪い

など、お一人様それぞれの状況により異なります。
これらのカリエスリスク(むし歯になる危険性)を調べます。、

●カリエスリスクに合わせた処置内容の決定

カリエスリスクを計る指標としては、下記のような事柄が挙げられます。
だ液の質と量(細菌が生成する酸を中和する能力に関係します)
プラーク(歯垢)の酸産生変
生活習慣(歯磨きをする場所や時間が限られている。1日1回しか磨かない等)

当院では、可能な限り予防で防ぐことのできるむし歯を削らずに、残した上での治療を実施していきます。

親知らずの抜歯・レーザー治療

親知らず

親知らずの抜歯など、CTを用いた安心・安全な治療を行っています。
※症状によって、CT撮影は行わないことがあります。
レーザーの治療は、歯肉メラニンの除去、口内炎の治療、顎関節の疼痛緩和、知覚過敏の軽減に利用しています。