インプラント治療

当院でインプラント治療を受けられた方からのメッセージ

クリックしていただきますとメッセージをご覧いただけます。

歯科治療ガイド

一般歯科 小児歯科 予防歯科 入れ歯 審美歯科 インプラント 歯周病・口臭 矯正歯科

なぜ今インプラント治療が注目されているのでしょう?

インプラント治療はこれまでの歯科治療ではなしえなかった夢の治療法です。

今までの治療法(ブリッジや入れ歯)のような、歯がなくなった場所の「隣の健康な歯に力の負担を強いることがない」のです。なにより、自分の健康な歯のようにしっかりかむことができます。

院長は、日本先進インプラント医療学会の専門医、日本口腔インプラント学会の専修医でもあり、地元、愛知学院大学歯学部口腔インプラント科にも在籍しております。
現在、既に440症例を超えるインプラント手術の実績が当院にはあります。

当院が実施する最先端インプラント治療のご案内
~ストローマンガイド・システム~

当医院はストローマンパートナーズ医院です

ストローマンガイド・システムは、インプラント治療における精度を向上させるために開発されました。

従来法の間隔のみにたよったインプラントに比べて正確なインプラント手術が可能になりました

外科術式における精度の向上

CTデータには、従来の平面のみのレントゲン写真よりも多くの情報が含まれています。この豊富な情報をもとに製作したインプラントの埋入位置をサージカルガイドを使用することで外科手術の信頼性と安心感を高めた治療が可能となりました。またガイデッドサージェリーによって低侵襲手術が可能となり、患者様の負担の軽減が期待できます。

ストローマンガイド・システムの治療の流れ

1. 作業模型の製作

作業模型

作業模型はスキャンテンプレートとサージカルガイド製作の基礎となります。

2. スキャンテンプレートの製作

スキャンテンプレート

スキャンテンプレートには、完成時の補綴物の形態が再現されたX線不透過性の材料を用います。インプラント埋入のプランニングがサージカルガイドに確実に反映されるよう、3本のリファレンスピンがデータを正確なものとします。

3. CTスキャン

CTスキャン

スキャンテンプレートを装着し、患者様をCTスキャンします。

4. 診断と3Dインプラントプランニング

診断と3Dインプラントプランニング

3Dデータは患者様の解剖学的構造とかぶせ物の形態を考慮してインプラントの位置を決定します。インプラント埋入のプランニングが完了すると、ソフトウェアがサージカルガイド製作の計画およびガイデッドサージェリー キットに対する治療計画を提示します。

5. サージカルガイドの製作

サージカルガイド

以上のインプラントプランニングを用いてサージカルガイドを製作します。サージカルガイドには、インスツルメントおよびインプラントを正確に埋入するスリーブが含まれています。

6. ガイデッドサージェリーとインプラント挿入

ガイデッドサージェリーとインプラント挿入

患者様の口腔内にサージカルガイドを固定後、ガイデッドインスツルメントを用いて正確にインプラントを埋入します。
これにより計画通りの理想的なインプラント手術が実現できます。

歯を失った場合のこれまでの治療法とリスク比較

歯を失った場合のこれまでの治療法とリスク比較-ブリッジ・周囲の歯を削ることなく、負担もかからず快適。部分入れ歯・バネによる見た目の悪さがなくなり、しっかりと噛むことができます。総入れ歯・入れ歯ごとインプラントで固定し、安定感がありズレません

1本の歯を失うことからはじまる歯の崩壊ルートにストップ!

日本人は、80歳になると自分の歯が7本程度しか残っていないと言われています。
その一つの原因は、実はこれまでの歯科治療の方法にあります。
上述した通り、ブリッジや入れ歯は健康な歯に負担をかけます。
そしてそれらの歯が悪くなり、また抜ける・・。
その繰り返しが日本人の口腔環境を崩壊させているのです。
インプラント治療はその現状に歯止めをかけることができる、とても素晴らしい治療法です
その他の医療用材料としても使用されており、非常に安全性が高いものです。

口腔環境を崩壊させるしくみ

口腔環境を崩壊させるしくみ-虫歯になる-歯に小さな詰め物をする-隙間からまた虫歯になる-大きく削る-隙間から神経が腐る-神経をとる-被せ物をする-歯そのものが弱くなる-歯を抜く-ブリッジを作る-両サイドの歯が負荷により弱くなる-両サイドの歯もダメになる-部分入れ歯を作る-奥歯に引っ掛けた歯もダメになる-また抜く-総入れ歯になる

インプラント治療を行なう前に

もし貴方が歯を失い、インプラント治療が必要となっているのであれば、必ず理解しておいていただきたいことがあります。
それは、「その歯が抜けたということの原因が何か?」ということです。

もし、インプラント治療を行なって新しい歯を取り戻したとしても、もともと歯を失った「根本的な原因」を特定せず、またその対処も行なわずにインプラントだけを行なえば、また同じようにインプラントも抜けてしまうということがあり得るのです。

当院では、この「歯を失った根本的な原因」をしっかりと特定し、そしてその根本原因を最大限取り除くための口腔環境改善プログラムが準備されています。

メンテナンスの重要性

インプラント治療を行なった方は、必ず定期的にその根本原因のリスクが高まっていないかをチェックし、リスクが高まる前に未然に対処を継続的に行なっていく必要があります。
当院では、メディカルトリートメントモデル(MTM)という口腔内の状態を科学的数値に基づく検査によって管理し、根本的な口腔リスクの除去を行う歯周病治療、カリエスリスクコントロールをインプラント治療の際には実施し、口腔内細菌によるリスクを最低限度にまで低減させたのちに施術を行ないます。