歯の修復にはダイレクトボンディング治療

ダイレクトボンディング
ダイレクトボンディング治療

ダイレクトボンディング治療とは

ダイレクトボンディング治療例1
写真上は1本4万
写真下はそれぞれ1本4万円で2本8万円

ダイレクトボンディングで使用する素材は、高濃度のセラミック粒子を含んだ修復用プラスチックです。金属アレルギーの方でも安心して治療いただけます。
直接歯に盛り足していく短期間での施術で、かつ削る量も少ないために本来の歯や患者様ご本人への負担が少ない治療法になっています。

ダイレクトボンディング治療のメリット・デメリット

MERIT 1

短期間の治療

ダイレクトボンディングでは型取りが必要ありません。
そのため通常1回で治療を終えることができるので来院回数が少なく済みます。
(※準備のための型取りをする場合もありますが、ごく短時間ですみます)

MERIT 2

むし歯になりにくい口腔環境

金属には接着力がありません。
歯と絶対にくっつかないので合着剤というセメントで隙間を固めますが、セメントは接着力が乏しいので、残念ながら経年劣化で隙間ができてしまいます。
その隙間にむし歯菌が入り込むので、むし歯になりやすい環境が整ってしまうのです。
それに比べてダイレクトボンディングは隙間ができません。
歯と材料と接着剤、この3つが強固に結合する仕組みを使っていて、歯と一体化します。
他にも、即日治療で仮のフタを使わないので 削った歯の再感染を防ぐことができます。

MERIT 3

歯を守る素材

金属の場合は固いので、噛んだ力が強い場合は歯が負けてしまいます。
すると歯に小さいひび割れが入り、そこから感染したり、最悪の場合は歯が割れてしまったりするのです。
ですが、ダイレクトボンディングの材料は金属のように固くないため、噛む力は修復物の方にかかりやすくなります。修復物の方が削れてくれる素材なので間接的に歯を守ることができます。

MERIT 4

削る量が少ない

ダイレクトボンディング治療例2

金属は接着力がないために、健康な歯でも削らなくてはいけません。
金属が外れにくいように形態を変えなければいけないからです。
一方でダイレクトボンディングは接着力が強い素材ですので、接着のために削る必要がありません。
削るときは むし歯の除去のために削った方がよい部分を最低限削っています。
歯の本来の強度や免疫力を保ち、健康な口腔環境を維持することができるのです。

MERIT 5

変色しにくい美しさ

使用する素材は、審美性の高い多量のセラミック粒子を含んだプラスチック(レジン)です。
その自然な色合いは自分の歯との境目が分からないほど。
理想の歯の色や形を再現することができます。
そして保険適用の素材と比べて 経年劣化の進行が遅く、長期間において美しさを保ちます。
経年劣化を感じ始めても、研磨や付け替えによる修復が容易に行え部分的な詰め替えなどを行うことで美しさを維持します。

MERIT 6

部分的な修復

ダイレクトボンディング治療例3
上段:クラウンタイプ1本8万円
中段:1本4万円、2本合計8万円
下段:ブリッジタイプ合計16万円

ダイレクトボンディングでは、治療部位が欠けた、または変色した場合、すべて取り替えることはせずに欠けた部分だけを修復することができます。
それに比べてセラミックや金属の再治療の場合は、全部取り替えることになり、歯にダメージを加えてしまう可能性があります。

MERIT 7

前歯のすき間や欠けた歯を美しく修復

ダイレクトボンディング治療例4
前歯2本合計8万円

前歯のすき間や欠けた歯を美しく修復することに長けています。
ご希望の方にはダイレクトボンディングの施術後に、施術前との比較写真 before/after をお渡ししています。
美しく変わったご自身の歯を改めて確認していただき、自信を持って笑顔になっていただきたいと考えています。

DEMERIT 1

長い距離のブリッジには向きません

ダイレクトボンディングも万能ではありません。
セラミックに比べて強度が劣るので、詰める面積が大きい場合や、強い力のかかる奥歯のブリッジ、長い距離のブリッジには向きません。

DEMERIT 2

定期メンテナンスが必要です

少なからず経年変化は起こるので、表面の研磨や部分的な詰め替えなどを行うことで美しさを維持します。