ホワイトニング

ホワイトニングの種類

1. オフィスホワイトニング
ポリリン酸のイメージ

歯医者さんで施術を行うホワイトニングです。即効性の高い、高濃度の薬剤と漂白効果を促進するライト(機器)を使用するため、即日の効果をお求めの方にお勧めです。扱っている薬剤や機器の種類によりますが、いちどの施術で1段階~8段階明るくなる見込みがあります。

2. ホームホワイトニング
ホームホワイトニング

歯医者さんでマウスピースを作成してもらい、薬剤を使用して自宅でおこなうホワイトニングです。低濃度の薬剤を使用し、じっくり漂白していくのでオフィスホワイトニングに比べ、長持ちします。
扱っている薬剤や、機器の種類によりますが2週間程度で1段階から徐々に明るくなる見込みがあります。

★ この二つを組み合わせることにより、より効果が増します

3. ウォーキングブリーチ
ウォーキングブリーチ

歯の神経が死んでしまった歯は、生きている歯の変色とは異なり、歯の内部が濃い色に変わるため、通常のホワイトニングとは違いウォーキングブリーチ法を行います。