入れ歯

歯科治療ガイド

一般歯科 小児歯科 予防歯科 入れ歯 審美歯科 インプラント 歯周病・口臭 矯正歯科

超精密義歯(ピッタリと合う入れ歯の製作)

理想の入れ歯とはどのようなものでしょうか?

精密義歯

自分の歯を失ったときの治療法、それが「入れ歯」を作成することです。
しかし、皆様は「入れ歯の機能」について、どのくらい思いつきますか? 一般的には「噛む」という機能が真っ先に頭に浮かぶのではないでしょうか?
しかし、例え「噛む」機能が満たされたとしても、実際に入れ歯を作って利用しているうちに、悩みをもたれる方が大勢いらっしゃいます。

例えば

  • 話し方がおかしくなる(発音・発話がいつもと違う)
  • 歯の音がカチカチと鳴って煩わしい
  • 顔の形がゆがんでしまう(自分の顔・見た目に不安になってしまう)
  • 舌が動かしにくく、入れ歯の大きさが合っていない気がする
  • 食べ物が入れ歯の隙間に詰まって苦労する
  • 入れ歯をつけていると顎がだるくなって辛い
  • 口の中が乾きやすくなった
  • 口元にシワができてしまい、老けて見えてしまう

etc・・・のような、予期せぬ問題を抱えてしまうことがあるのです。
私達は、このようなお悩みを抱えることなく長期にわたってご満足いただける、「あなただけの理想の入れ歯」を作成することに、誇りと実績を有しています。

理想の入れ歯を製作するための治療の流れ

私達は、皆様のニーズに合わせた入れ歯治療の方法をご提供いたします。保険診療による入れ歯治療も受け賜っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。ここでは、皆様に理想のお口の状態を知っていただくための私たちの取り組みについて、ご説明させていただきます。(一部、ご希望される方のみの処置となります。)

治療の流れ-1.カウンセリング2.Drによる視診3.精密検査4.型取5.個人トレーの作成6.試適7.入れ歯の完成8.疑似体験9.治療手法決定10.入れ歯の完成11.定期メンテナンス

保険診療に規定される素材や手法を越えた品質の入れ歯を製作するにあたっては、お一人様それぞれに十分なお時間をお取りする関係上、予約順によりお待ちいただく場合もございます。予めご了承ください。

スマイルデンチャーについて

クラスプ(針金)を全く使わない、審美性の高い美しい入れ歯がでました!!
(一部バネを使う部分がでる場合もございます)

スマイルデンチャー
入れ歯だと他の人には分からない画期的な見た目重視の入れ歯最先端スマイルデンチャーのご案内

スマイルデンチャー
  • 従来の入れ歯(保険入れ歯)と比べてください。金属を使わずナイロン樹脂で作られた、薄く・弾力性に優れた全く新しい入れ歯、それがスマイルデンチャーです。
  • 金具のない入れ歯(部分入れ歯)スマイルデンチャーは「目立たない」「丈夫」「噛める」「痛くない」など、入れ歯でいることを感じさせません。
  • スマイルデンチャーは、耐久性・快適性・審美性・噛む力・生体親和性(金属アレルギー等)に優れた全く新しい入れ歯です。
  • スマイルデンチャーは、耐久性・快適性・審美性・噛む力・生体親和性(金属アレルギー等)に優れた全く新しい入れ歯です。
  • 材料となるスーパーポリアミドは、FDA(アメリカ食品医薬局)承認材料で、欧米を中心に世界30各国以上で使用されている安心の材料です。
  • 「入れ歯のエステ」と言われるスマイルデンチャーは、初めて入れ歯や部分入れ歯を入れる方や、金属アレルギーの方、健康な歯を削ってブリッジにするのが嫌な方、インプラント完成までの当面の入れ歯としても、とても人気です。とくに見た目を気にされる方、人前に出る機会が多い方に喜ばれています。

入れ歯と磁石を使った快適なインプラント(マグネット・デンチャー)

マグネットデンチャー

マグネット・デンチャー(磁石式入れ歯)とは?

通常、入れ歯は残った歯にバネをかけて使用します。このため、入れ歯がはずれやすい、噛み心地に違和感があることがあります。
この、入れ歯に磁石を用いた「マグネット・デンチャー(磁石式入れ歯)」を使えば、磁石の力で入れ歯がピッタリ吸着し安定させることができます。
歯の無い方はインプラント(人工歯根)に磁性金属を取り付けます。金属製の入れ歯と併用することによってさらに装着感が向上します。
既存の入れ歯をそのまま使用することもでき、インプラントの本数も少なくすることができ、経済的で身体への負担も少なくなります。

マグネットデンチャーについて

Straumann®LOCATOR®システムでは、患者様が簡単に義歯を着脱することができます。また、専用のツールを用いて保持用のインサートを簡単に装着、取り外すことができます。インプラント間の角度は最大40°まで対応が可能で、コンポーネントのサイズが小さいため、咬合スペースが限られている場合の設計に有利です。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー(マグネット式の入れ歯)とは、ご自身の残っている歯と入れ歯の双方に互いに磁石を埋め込み、その磁石の吸着力によって入れ歯をピッタリとフィットさせるタイプの入れ歯です。

歯の根が残っていることでマグネットを装着することができるので、入れ歯がズレることなく吸着する仕組みになっています。

自分の天然の歯がほとんど残っていない場合、金具で入れ歯を支えていると、支えになっている天然歯に負担が大きくかかり、いずれ総入れ歯になってしまう危険性が高まります。

そのような場合には、マグネットを使った入れ歯を用いることで残っている歯の負担も軽くすることができ、 強度も保てるため、通常の入れ歯治療に比べに有効な治療法となります。

その歯が最終的に弱くなり、抜歯が余儀なくされても、比較的簡単に修理もできるというメリットもあります。

ロケ-ター(ストローマン)について

オーバーデンチャーソリューションのグローバルスタンダード

Straumann®LOCATOR®システムでは、患者様が簡単に義歯を着脱することができます。また、専用のツールを用いて保持用のインサートを簡単に装着、取り外すことができます。インプラント間の角度は最大40°まで対応が可能で、コンポーネントのサイズが小さいため、咬合スペースが限られている場合の設計に有利です。

オーバーデンチャー
使用目的

下顎と上顎のインプラントオーバーデンチャーの維持システム

適応

traumann®ティッシュレベル インプラント(RN/WN)に対応

使用特長
  • インプラント間の角度を最大40度まで保填
  • 咬合の限られたスペース用ではコンポーネントの高さを最低限に抑制
  • 義歯の着脱が容易
  • アバットメントと義歯を適切に接合
  • 摩擦に強いコンポーネントが長期にわたり機能を維持
禁忌
  • インプラントと天然歯の組み合わせには使用できません。
  • インプラント間の角度が40°を超える場合は使用できません。
  • 直径が3.3mmのティッシュレベルインプラントには使用できません。

洗浄に関する重要事項

ロケーターアバットメントおよびコンポーネントの機能を長期間維持するためには、義歯とロケーターアバットメントに歯垢がたまると、徐々にチタンが摩耗し緩んできます。状況によっては患者の定期健診の時期を早めて、義歯とアバットメントがきちんと磨かれているかを確認してください。