審美歯科

歯科治療ガイド

一般歯科 小児歯科 予防歯科 入れ歯 審美歯科 インプラント 歯周病・口臭 矯正歯科

健康への配慮を行ったアレルギーが起こらないメタルフリーで美しい歯を貴方に

近年、デトックスという言葉に関心が集まっています。デトックスとは「解毒」という意味の英単語であり、食品などから体内に徐々に取り込まれ、蓄積されてしまう有害物質(鉛・水銀・カドミウムなど重金属類やヒ素など)を、体外に排出することで健康になるという考え方です。これら重金属類は体脂肪に蓄積されやすく、脂肪がエネルギーとして消費されるのを阻害する、また、肌に対する化粧のノリを悪くするといわれているなど、日常の健康への影響は見逃せません。以前の治療でこれら金属の素材を用いていた方のために、また、これから治療を進められる方のために金属を全く使用しない身体に優しい治療を行うことができます。

また、これらの素材はお身体に優しいだけでなく、「美しさ」「機能美」という観点からも非常に優れた性質を持っているものがあります。

たとえば、ただ白いだけでは不自然な歯の色になります。白にも様々な段階があり、ご自身の天然歯と同じ白さを作り出すことができるものもあります。

白く美しい歯はご自身の魅力を高め、社会的な評価も高まります。
審美歯科をご希望の方は是非当院にご相談ください。

メタルフリー治療の種類(一例)

【セラミックスインレー(詰めもの)】

セラミックスインレー

[材質] セラミック

[見た目]
自然な色合いと形が再現できます。永年の使用でも変色せず、天然の美しさを保ちます。

[特徴]
表面のセラミックは磨耗により磨り減ることが少ないため、よい噛み合わせを保持することができます。
また、生体材料として優れた素材で、歯肉とのなじみが良く、歯ぐきの健康を損ないません。
また、食物や歯垢が付着しにくいため、舌ざわりが良く、非常に衛生的です。

【ジルコニア・セラミックス・クラウン(かぶせ物)】

ジルコニア・セラミックス・クラウン

[材質] ジルコニア(セラミックスに人工ダイヤモンドを含有)

[見た目]
従来の金属に匹敵する強度がありながら、高い親和性と透明感をもった、非常に美しい仕上がりを実現できます。

[特徴]
耐熱性・耐蝕性が非常に高く、優れた生体親和性をもち、非常に安定した強度をもつ最高ランクの素材です。
また、金属を全く用いない、メタルフリーの素材で、またガラス素材も用いていないため、お体にやさしい最良の材質です。
その他の医療用材料としても使用されており、非常に安全性が高いものです。

【オールセラミックス・クラウン(かぶせ物)】

オールセラミックス・クラウン

[材質] セラミック

[見た目]
天然の歯と同じ色につくることができるため、光沢・透明感があり、非常にキレイです。
セラミックなので将来もほとんど変色せず、歯垢もつきにくく汚れにくくなっています。

[特徴]
表面のセラミックは磨耗により磨り減ることが少ないため、よい噛み合わせを保持することができます。
また、生体材料として優れた素材で、歯肉とのなじみが良く、歯ぐきの健康を損ないません。
また、食物や歯垢が付着しにくいため、舌ざわりが良く、非常に衛生的です。

【ゴールドメタルボンド(被せ物)】

ゴールドメタルボンド

[材質] 外側:セラミック 内側:ゴールド

[見た目]
非常に審美性の高いエステティックラインを有しており、オールセラミックより更に耐久性があります。
自然な色合いと形が再現できます。永年の使用でも変色せず、天然の美しさを保ちます。
ただし、内部に光の透過性が低いゴールドを使用しますので、前歯部では若干暗くみえる場合があります。

[特徴]
表面のセラミックは磨耗により磨り減ることが少ないため、よい噛み合わせを保持することができます。
内部のゴールドは金属アレルギーが最も少なく、生体親和性が高い優れた素材で、歯肉とのなじみが良く、歯ぐきの健康を損ないません。
また、食物や歯垢が付着しにくいため、舌ざわりが良く、非常に衛生的です。

【ファイバーコア】

ファイバーコア

コアというのは、歯根(歯の根っこの部分)の強度を上げるために、歯根を削って、そこに歯の土台となる心棒を入れるものです。
これまで、このコアは右の図のような、金属(メタルコア)がほとんどでしたが、最新のグラスファイバーをもちいた、ファイバーコア(左図)という材質が登場しました。

~メリット~

釣り竿などでよく使用されるグラスファイバーを芯に使用しているため、金属の土台と比べて良くしなり歯の根を破折させる危険の少ない治療法です。
また光透過性があるためオールセラミックス・クラウン等と組み合わせて使用すると色調が天然歯により近くなります。

※全ての症例において最適な訳ではなく、状況に応じて適切な金属を用いる必要があるケースもあります。詳しくは、ドクターの診断をお聞きいただき、疑問点がございましたら、お気軽にご質問ください。