小児歯科

歯科治療ガイド

一般歯科 小児歯科 予防歯科 入れ歯 審美歯科 インプラント 歯周病・口臭 矯正歯科

12歳でむし歯ゼロ(0)を目指すための小児歯科
多くの仲間と共に、健康なお口づくりに励むお子様が集合しています。

【小児歯科における当院の特徴】

  • 12歳でむし歯ゼロを目指すため、お子様、お母様が共に通いやすい環境づくりを行っています。
  • やさしい対応を心がけ、ブラッシングなども丁寧にお伝えしていきます。
  • フッ素塗布など、歯質を強化するための対策を十分に行っています。
  • おりこうに受診できたお子様には、うれしいご褒美があり、モチベーションと根気強さを高めています。

小児歯科
~当院の12歳でむし歯ゼロを目指す取り組み~

12歳でむし歯ゼロを目指し、一生涯の健康なお口の基礎作りを行います。

お母様に知っていただきたい『とても大切なこと』

歯磨きで虫歯ゼロ

歯の治療は誰でも嫌なものです。大人の方でも恐いのに小さなお子様が嫌がるのは当然。
無理に押さえつけて治療をすればその子が大人になっても歯科医院に対する恐怖心はとれないでしょう。
小さなお子様が歯科医院になじめ、恐がらずに治療ができるまで担当のスタッフと楽しくトレーニングいたします。
フッ素塗布など、お子様の歯を強くする処置も行いながら、お子様、お母様、当院の三者が協力し合って、将来の素敵な成長を見届けていけるような診療を心がけております。
小さなお子様の歯は全部で20本生えてきます。「どうせ大人の歯が生えてくるから、そんなに神経質になることはないんじゃないの?」なんて声も聞こえてきそうですが、実はこの時期のお子様の歯には、こんなに大切なことがあることが最近になってわかってきました。

1. まずははじめが肝心

お子様のお口の中には、はじめはむし歯菌は存在しません。そのため、まずお子様が小さい時期に、どれだけお母さん、お父さんをはじめ保護者の方が歯の健康についての知識をお持ちいただいているかが、その子の将来の健康に大きな影響を与えることになります。是非この時期に、歯の健康ポイントについて、しっかりと保護者の方が知る意識を高めていただければ幸いです。

2. 噛むという行為は「知能の発達」に影響する

食べ物をよく噛むことで、そのアゴの振動が直接脳に伝わります。
その脳への振動が脳細胞を活性化させ、知能の発達を促すという学説があります。
確かにネズミなどの実験では、歯を抜き、「噛む」ことのなくなったネズミは以前よりも明らかに能力が低下しました。
大切なお子様の将来のためにも、おいしく「噛める」歯というのは大切になります。

3. 噛むことで元気な体をつくる

実は食べ物を食べた時にでる「唾液」には殺菌・消化能力があります。
これは自洗作用といって、本来人間が持つすばらしい能力の一つなのです。
その唾液は「噛む」という行為で出てきます。ですから、食べ物をきちんと噛める歯にしておかないと、唾液の量も減ります。
それにより、胃腸の消化吸収力を助ける能力も減ってくるのです。
そして唾液には、身体の中で毒素を発生させる活性酸素を消す効果もあります。
活性酸素は、ガンの原因物質とされており、アトピー性皮膚炎、小児ぜんそく、花粉症など幅広い病気の原因になると報告されています。

おこさまのすこやかで健康な歯を育てるために

まず大切なことは、小さな時期から、定期的にむし歯などのリスクが高まっていないかをしっかりと専門の歯科医院で管理し、必要な対策を早期に行うことです。
そのためには、

  • 3ヶ月に一度は歯科医院でのむし歯菌リスク検査を実施する
  • 歯が生え始めたら、ブラッシングと共に、少しずつデンタルフロスも使えるようにしていく
  • 小さなうちから、お口周りの筋肉を鍛えるためのトレーニングを行う

といったことを実践することが大切です。

グラフ

4歳以降は、更に進んだ乳歯と大人の歯のケアを

徐々に乳歯から大人の歯にかわっていく時期には、歯を強くする、大きなむし歯をつくらないようにするために、
「シーラント」や「フッ素」
を歯科医院で塗布していくことも大切なことです。
特に、
6歳臼歯(小学校1年生)
は非常にむし歯ができやすく、自立的に歯磨きをはじめる時期から保護者のチェックがなくなり、急速に崩壊することが多いものです。大人になってからも使う歯ですので特に大切にしたいものです。

ですので、これらの歯については、保護者の方のチェック、仕上げ磨きは継続していただくと共に、 必ず定期的な歯科医院でのチェックを行うようにしましょう。

これらの対策を行うことで、歯質を強化し、むし歯による歯のガタツキなども抑制できるため、 歯並びなどにも良い影響が期待できます。

9歳以降は、自立する時期ですが、仕上げ磨きはまだまだ簡単には卒業できない

9歳以降に気をつけるべきこととして、
12歳臼歯(7番目の歯(奥歯):小学校6年生~中学校)
は非常にむし歯ができやすいというデータがでています

自主性に任せての歯磨きだけでは、やはりむし歯になりやすい部位ですので、 これらの歯が出来上がる時期には、きっちりと保護者の方がチェックを欠かさず行っていただきたいと思います。

また、今後自分で歯磨きをしっかりとできるように、染め出しなどで磨き残ししやすい部分をしっかりと把握し、上手な歯磨きができるように練習をつづけていきましょう。

磨き残し

あなたの磨き残しは何%?

【当院の歯科衛生士と一緒にお口のメンテナンスノートで12歳でむし歯ゼロを達成!】

メンテナンスノート

当院では、毎回のメンテナンス時にお口の状況やアドバイス事項などを記入する「歯の健康ノート」を取り扱っております。
しっかりとデータ管理を続けることが、むし歯の無い健康な歯を作るのに必要不可欠です。
ご希望の方は、当院スタッフまでお気軽にお問合せください。