ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

『新春未来セミナー/歯科が拓く日本の健康』に行ってきました

1月28日(木)に東京で行われた『新春未来セミナー/歯科が拓く日本の健康』に、
院長および衛生士2名、コーディネーター1名が参加しました。

『国民の健康をつくり守っていくこと』をテーマに、患者様との向き合い方、歯科医院のあり方などを学ぶ場です。
このセミナーでは、子どものときから健康を守る価値観を共有することが主題だったので、「子どもの患者様との接し方」が大きな主軸になったように思います。

お子さんと話すときに目線を合わせているか、きちんと話せているか。
そんな当たり前のことを改めて確認しつつ、日々の診療を振り返ります。

お子さんだけでなく、患者様ひとりひとりに事情が異なる中で、私たちはどこまで患者様が安心できる治療ができているのでしょうか?
私たちは毎日、皆様の気持ちに寄り添えているのでしょうか?

皆様だけがその答えを知っています。

「患者様と尊敬し合う治療」を実現するため心新たに参りたいと思いますので、今後も澤歯科クリニックをよろしくお願いします。

マイクロスコープを導入しました!

昨年末より、マイクロスコープという拡大鏡を導入しました。

マイクロスコープとは、患者様のお口の中を拡大視することのできる装置です。
肉眼では見ることのできない、歯の凹凸や神経の細部まで見えるようになるんです!

歯の悪い部分を見落とさずに再発を防いだり、削る部分を最小限にしたり、被せ物の精度を高めたり…。
マイクロスコープはむし歯の早期の発見はもちろん、的確な診療や診断も可能にします。

これからも澤歯科スタッフ一同、皆さまの歯を一生涯健康に保つためのサポートを致しますので、お気軽にご来院ください。

ITI Section Meeting 2017に参加しました

11月23日(木・祝)に東京で行われた「ITI Section Meeting 2017」に参加してきました。

ITIとはInternational Team of Implantologyの略で、
世界中に15000人以上の会員を擁する世界で最も研究、教育が充実したインプラントの学会です。

日本のインプラント界を代表される先生方の講演や活動報告、また米国から招かれた先生による講演などが行われ、インプラント治療に熱意を持ったたくさんの先生方が参加されていました。

日々進歩するインプラント分野の最新の情報を得る機会となり、患者様に質の高い治療を提供できるよう日々努力していかなければならないと改めて実感しました。

東京からJR名古屋駅に到着し、出迎えてくれたのが、約12mもあるというとても大きなクリスマスツリー。
こんな綺麗なツリーを見ると、もうすぐクリスマスがやって来るんだな~、そのクリスマスが終わると新しい年を迎えるんだな~としみじみ。

時の流れが本当に早く感じる今日この頃です(笑)

「いい歯」のための歯みがき剤販売を始めました!

今年も残すところ1ヵ月になりました。
風邪などひかぬよう、暖かい格好でお出かけくださいね。

さて、11月8日は「いい歯の日」でした!

皆さんは「いい歯」と聞くとどんな歯をイメージしますか?
むし歯のない歯、歯周病でない歯、歯並びのいい歯、白い歯など・・・様々な「いい歯」が思い浮かびますね。

どれも間違いではありませんが、もう少し大きな視点で考えてみると
「美味しく食事を楽しむことができ、しっかり噛める歯」
であることが、生活をより豊かにしてくれる「いい歯」ではないでしょうか?

いい歯を保ち続けられるようにケアにも力を入れていきましょう!

澤歯科ではフッ素1450ppmの歯みがき剤の販売が始まりました。
今年3月、厚生労働省はこれまで1000ppm以下に規定していた歯みがき剤のフッ化物濃度の上限を1500ppmまで引き上げました。
(欧米では1000ppm~1500ppmの薬用歯みがき剤が一般的なんです)

唾液検査で、むし歯リスクが高い、初期むし歯になりかけていると言われたら一度試してみてはいかがでしょうか。
ただし、6歳未満のお子様への使用は控えてくださいね。

そのほか個人に合った予防法を専門の衛生士が的確にアドバイスしております。
年末までに一度、歯のクリーニングへお越しください!

11/16(木)春日井市保育園保健会講演

少し前の話になりますが
11月16日にレディヤン春日井にて春日井市保育園保健会の講師として講演を行いました。

歯に関する基本的な知識から、虫歯になるまでと様々な予防方法、口呼吸が与える悪い影響、歯並びについて、緊急時の対応についてなど、約2時間に渡ってお話しをさせていただきました。
たくさんの保育士さんが講演に参加され、熱心に話を聞いてくださいました。

8020(80歳になっても自分の歯を20本保とう!)を達成するためには、子供の頃からのむし歯予防の生活習慣を身につけることが大切です。

この講演が、大切な園児のみなさんが将来8020を達成できるよう、保育士、歯科医師、歯科衛生士、保護者でしっかりサポートしていくきっかけになることを願います。