ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

寝ている時の口呼吸対策には?

「口が開いてるよ」と指摘されたことはありませんか?
他にも、「口を開けて寝てたよ」、「いびきがひどいかも…」と言われたことはありませんか?

自分ではなくても、ご家族にそのような症状のある方、多いのではないでしょうか?

これらはすべて口呼吸の証拠です。
口呼吸にはデメリットがたくさんあります。
それも、見た目だけでなく健康面、美容面でのデメリットがあります。

例えば、

・病気にかかりやすい。アレルギーを発症しやすい。
・口の周りや顎の筋肉が緩み、ほうれい線が出やすい。二重あごになりやすい。
・小さな子供の場合、歯並びに影響する。

などなど、恐ろしいデメリットがいっぱいです。

ただ、口が開いているのは分かっているけど、寝ている間や無意識のことでなかなか治すことができない…仕方ない…。
と、諦めてしまう方も多いことを知っています。

そんな方におすすめの改善方法があります!

それは、口テープをして寝るだけ。
たったこれだけで、鼻呼吸になりいびきがなくなった、朝口がカラカラなのが改善されたというのです。
当院スタッフも愛用者が多いですよ。

口テープを貼るときは横向きにしっかりと口が覆われるように貼ることがポイントです。
縦に貼ると横から息が漏れてしまいます。

健康的な鼻呼吸のために、口テープをお試しください。

春日井市民の健康を願って・・・

先日、春日井市歯科医師会公衆衛生連絡会に参加しました。

この会では、春日井市民の健康を願い、
春日井市役所(福祉、健康増進、子ども政策課)と歯科医師会とで公衆衛生事業の年度結果の交換を行います。

当院院長は平成29年度の学校歯科の報告をしました。

小学生・中学生に関して、経年データで見るとむし歯は減少傾向にありますが、小学校高学年から中学生にかけてむし歯が増加する傾向があります。

思春期前半の中学生は、受験勉強、部活動などの生活の変化、間食の増加、ホルモンバランスの変化などにより、むし歯になりやすい時期であり、また、むし歯のリスクが高くなるのと並び、歯周炎や歯並びの不正の問題もあります。

しかし、中学校での歯科保健活動は必ずしも活発ではなく、生活習慣とむし歯等のリスクに応じた行動を学ぶ機会を持たせる予防啓発の浸透の必要性があることを再確認しました。

今後も学校歯科医として、子供たちの口・歯の健康のために、努力を継続しよう!と改めて決意する機会となりました。

鼻呼吸になるための「あいうべ体操」を紹介します!

すっかり桜が葉桜に変わりましたね。
今年も花粉症でお困りの方は多かったのではないでしょうか。

花粉症の予防・改善にも、いつもお伝えしている鼻呼吸が有効です。
今日は鼻呼吸になるために効果的な「あいうべ体操」をご紹介しますので、来年に向けてしっかり免疫力を上げていきましょう!

あいうべ体操は、舌やお口の筋肉を鍛えることで口を閉じた状態を保てるようにするための体操です。
「体操が予防になるの?」とお思いの方。実際に効果を上げた実績があるんです!

福岡県のとある小学校があいうべ体操を導入すると、40%近かったインフルエンザの罹患率が7%以下になり、欠席者が激減しました。それ以来、九州を中心に様々な学校で導入されています。
春日井市でもあいうべ体操を取り入れようという動きが始まっていますよ。

あいうべ体操のやり方はとても簡単。4つの動作を繰り返します。

1.「あー」と口を大きく開く。
2.「いー」と口を大きく横に広げる。
3.「うー」と唇をとがらせて前に突き出す。
4.「べー」と舌を突き出して下に伸ばす。

連続で行うと顎が痛くなってしまうことがあるので、朝昼晩などに分けて行いましょう。
入浴時は口が乾燥する心配がないので特にオススメの場所です。
反対に、寒い野外などは口内が乾燥してしまうので避けてください。

鼻呼吸は体全体に良い影響を与えます。
花粉症の人もそうでない人も、あいうべ体操をぜひ試してくださいね。

『新春未来セミナー/歯科が拓く日本の健康』に行ってきました

1月28日(木)に東京で行われた『新春未来セミナー/歯科が拓く日本の健康』に、
院長および衛生士2名、コーディネーター1名が参加しました。

『国民の健康をつくり守っていくこと』をテーマに、患者様との向き合い方、歯科医院のあり方などを学ぶ場です。
このセミナーでは、子どものときから健康を守る価値観を共有することが主題だったので、「子どもの患者様との接し方」が大きな主軸になったように思います。

お子さんと話すときに目線を合わせているか、きちんと話せているか。
そんな当たり前のことを改めて確認しつつ、日々の診療を振り返ります。

お子さんだけでなく、患者様ひとりひとりに事情が異なる中で、私たちはどこまで患者様が安心できる治療ができているのでしょうか?
私たちは毎日、皆様の気持ちに寄り添えているのでしょうか?

皆様だけがその答えを知っています。

「患者様と尊敬し合う治療」を実現するため心新たに参りたいと思いますので、今後も澤歯科クリニックをよろしくお願いします。

マイクロスコープを導入しました!

昨年末より、マイクロスコープという拡大鏡を導入しました。

マイクロスコープとは、患者様のお口の中を拡大視することのできる装置です。
肉眼では見ることのできない、歯の凹凸や神経の細部まで見えるようになるんです!

歯の悪い部分を見落とさずに再発を防いだり、削る部分を最小限にしたり、被せ物の精度を高めたり…。
マイクロスコープはむし歯の早期の発見はもちろん、的確な診療や診断も可能にします。

これからも澤歯科スタッフ一同、皆さまの歯を一生涯健康に保つためのサポートを致しますので、お気軽にご来院ください。